明日、平成26年度高校サッカー総体(インターハイ)が山梨県で開幕する。高校サッカードットコムでは、1回戦の注目カードをピックアップ!尚、1回戦は2日に23試合が予定されている。熱い戦いがいよいよスタート!

■浦和東(埼玉)対大津(熊本)
共に全国の常連校であるものの全国総体優勝の経験はなし。厳しい予選を勝ち上がり出場権を掴んだ今大会では初優勝を狙う。この両チームの一回戦でカギを握るのは攻撃陣の活躍。県予選ではしっかりと点を取って勝ちを収めてきた両チームだけにこの試合でも攻撃陣の出来が勝敗を左右しそうだが、熊本県大会でルーテル学院との注目の決勝を制した大津にやや分があるか。天候によっては大きな影響を受けることも懸念される天然芝のピッチでの試合で“赤の浦和東”と“青の大津”はどんな勝負を見せてくれるのか。

■坂出商(香川)対向上(神奈川)
初出場の坂出商と25年ぶりの出場となる向上の一回戦は両チームにとって未知数な全国大会のスタートとなる。激戦区・神奈川予選では1回戦、2回戦でPK戦の末勝利を収めるなど接戦に強さを見せ勝ち上がった向上。一方の坂出商も県予選では5試合で1失点と堅守を誇った。安定した守備を基盤に戦う両チームだけに、ロースコアが予想されるこの一回戦では先制点が非常に大きな意味を持つだろう。この試合の勝者が今大会のダークホースとなる可能性も大いに秘めている一戦である。

■秋田南(秋田)対帝京第三(山梨)
注目のポイントは開催県山梨の代表となった帝京三がどんなサッカーを披露するか。地の利を生かせる地元開催の今大会に賭けるイレブンの思いは強い。しかし対戦相手秋田南も決して侮ることができない相手。2年連続3回目となる今大会、まずは“三度目の正直”で初の1回戦突破を目指す。昨年の全国の経験も大きな武器になるだろう。

■京都橘(京都)対前橋育英(群馬)
優勝候補が激突する京都代表・京都橘対群馬代表・前橋育英京都橘は一昨年の全国高校サッカー選手権で準優勝、昨年は4強と全国の舞台で結果を出してきた粘り強い守備からのショートカウンターは今大会も健在。一方の前橋育英の特徴はMF鈴木、MF渡辺と2人のU-18日本代表を擁するタレント性と堅守を軸とした安定した戦い。激しい攻防が見られるだろうこの一回戦でどちらかのチームが敗退してしまうのは非常にもったいないくらいだ。

■駒澤大学高校(東京)対中京大中京(愛知)
東京予選を制し、初出場となった駒大高はまさに勝負強さが光るチーム。一方の中京大中京も強豪校の一つ。昨年は宮市剛(現湘南ベルマーレ)を中心とした強力な攻撃陣を擁したものの、3回戦で敗退し悔しさを味わった。両チーム手堅い戦術から引き締まった試合を展開することが予想される。

■盛岡商(岩手)対鹿児島実業(鹿児島)
全国制覇の経験を持つ両チームが激突する注目カードは伝統の堅守を誇る鹿児島実がやや有利か。両チームこの難しい一回戦を突破し、久々の全国の頂点へ向け勢いに乗っていきたいところ。

■高川学園(山口)対成立(東京)
山口代表・高川学園対東京代表・成立学園の対戦は攻守に特徴をもつ両チームの激突。パスサッカーを軸にサッカーを展開したい成立学園は予選同様前半から攻撃的に出るのではないか。対して接戦で強さを見せる高川学園はまずは落ち着いた守備から試合に入るこの攻守の構図が予想される。“橙の高川学園”と“水色の成立学園”。鮮やかなユニフォームを身にまとう両チームの一戦の結果やいかに。

■作陽(岡山)対東福岡(福岡)
岡山代表・作陽と福岡代表・東福岡の名門対決はサッカーファンの大きな注目を集める。この試合のポイントはやはり“攻撃力”。両チームとも県大会で披露した圧倒的な攻撃的サッカーを全国の舞台でも貫くことはできるのか。その攻撃と対峙する守備陣の奮闘もカギを握るこのカードは好ゲーム必至。

■尚志(福島)対麻布大附(神奈川)
ブロックで頭一つ抜け出す青森山田の対抗馬として挙げられる福島代表・尚志と神奈川代表・麻布大附の対戦も1回戦好カードの一つ。プリンスリーグ東北で結果を残している尚志、激戦区神奈川の王者に登りつめた麻布大附、両チーム共に実力校であるのは間違いない。堅守から攻撃のリズムを生み出していきたい両者、先制点を奪ったチームが勝利をぐっと引き寄せ、優位に試合を進めていくのではないか。

■広島皆実(広島)対鵬翔(宮崎)
2連覇を目指す千葉県代表・市立船橋との対戦を賭けた広島代表・広島皆実対宮崎代表・鵬翔の一回戦にも非常に大きな注目が集まる。日本一の経験を持つ両チームの意地とプライドが激突する一戦は広島皆実鵬翔共に県大会から接戦を勝ち切る強さを見せてきただけにロースコアの好ゲームが予想される。手に汗握る激戦を期待したい。

尚、1回戦の勝者は、翌日の3日に2回戦を戦うことになる。

▽インターハイページはこちら
高校サッカー総体(インターハイ)2014年ページ

【高校サッカードットコム】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook