【四国】
 全4チームが初戦で敗退と厳しい現実が打ち付けられた四国勢。9年連続10度目の全国挑戦となった香川西岐阜工に喫した逆転負けに始まり、2年連続14度目出場の徳島市立、4年ぶりの全国へ臨んだ明徳義塾も相次いで初戦の壁に阻まれた。また、5年ぶり4度目の出場となった松山北矢板中央の前に苦杯を舐める結果に。1年生FW村上拓、MF柳田悠希のゴールで2点を先取する展開も後半、立て続けに3失点を喫し悪夢の逆転負け。競り負けた印象が強い四国勢、接戦を勝ち切る勝負強さを身に付け来季の巻き返しを図りたい。

▽四国ブロック選手権データはこちら
香川西(香川)
徳島市立(徳島)
松山北(愛媛)
明徳義塾(高知)

▽その他選手権データはこちら
第93回全国高校サッカー選手権特集ページ

【高校サッカードットコム】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook