第94回全国高校サッカー選手権大会は1月3日までに8強が決まった。そして迎える1月5日には埼玉スタジアム2002を懸けた準々決勝が開催される。

■「夏冬連覇」を目指す東福岡は地元・駒澤大学高等学校と激突!

 昨夏総体で史上6校目となる連覇を成し遂げた名門東福岡(福岡)が狙うは97年以来の夏冬制覇。1回戦では遠野(岩手)を、2回戦では新潟明訓(新潟)を撃破。そして、3回戦では昨夏総体の決勝カードの再現となった市立船橋(千葉)との一戦は、総体決勝と同様にPK戦で市立船橋を退けて8強進出を果たした。そして、迎える準々決勝では地元の駒澤大学高等学校と対戦する。

 対する駒澤大学高等学校はここまで、阪南大高(大阪)、尚志(福島)、松山工(愛媛)を撃破し準々決勝に駒を進めてきた。都内最大の部員数を抱える駒澤大学高等学校は地元の期待と声援を一身に受け総体王者に挑む。

■初Vを狙う青森山田は13年大会V富山第一との一戦!

 3回戦での桐光学園との一戦では後半ATに2点をあげる執念をみせた初優勝を狙う青森山田は前々回大会優勝の富山第一と激突する。一方の富山第一は2回戦では日章学園(宮崎)を、2回戦では矢板中央(栃木)を共に1点差で下し8強入りを果たした。名門校対決を制するのはどちらの高校になるのか。

■初8強の明徳義塾は前回大会優勝の星稜に挑む!

 各務原(岐阜)に勝利し初の8強入りを決めるとともに、高知勢として29大会ぶりに8強進出を決めた明徳義塾。対するは前回大会優勝で01年の国見(長崎)以来となる15年ぶりの連覇を目指す星稜は2回戦で玉野光南(岡山)に逆転で勝利すると、3回戦では岡田勇斗が挙げたゴールを守り切り、中京大中京に1-0で勝利し4大会連続で8強入りを果たした。野球でも名門の両校の対決のキックオフは5日14時10分。

■前回大会準V前橋育英は國學院久我山との関東対決!

 前回大会準V前橋育英國學院久我山との関東対決に臨む。2回戦の屈指の好カードとなった大津(熊本)との一戦は後半ATの馬場拓哉の決勝ゴールで制すと、3回戦では3-1で帝京三を下し準々決勝進出を果たした。一方、國學院久我山は初戦で広島皆実(広島)を、2回戦では明秀学園日立(茨城)を、3回戦では2016シーズンからのプレミアリーグ昇格を決めている神戸弘陵(兵庫)を撃破して7大会ぶりの8強入りを決めた。関東対決を制するのはどちらの高校か。ニッパツ三ツ沢球技場にて、5日14時10分キックオフ。

▽2015年高校サッカー選手権日程・結果、その他コラム等はこちらから
2015年高校サッカー選手権特設サイト