1月5日、第96回全国高校サッカー選手権の準々決勝が1月5日に行われ、駒沢陸上競技場で開催された第1試合では上田西(長野)と明秀学園日立(茨城)が激突した。
 名門・京都橘(京都)と帝京可児(岐阜)を撃破し長野県勢で第55回大会の松本県ケ丘以来41年ぶりに8強入りを果たした上田西(長野)。対する明秀学園日立(茨城)は県勢9年ぶり8強で初の全国4強入りを狙う。
 試合はMF伊里隼人のゴールで明秀学園日立が先制するもDF大久保龍成の2ゴールで上田西がすぐさま逆転に成功する。試合はその後、後半に1点ずつを取り合うも上田西が3-2で勝利し、準決勝進出を決めた。

▽第96回全国高校サッカー選手権
第96回全国高校サッカー選手権日程結果一覧