4月8日に開幕を予定している高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ九州。今季も10チームが熱戦を繰り広げる。高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ九州長崎総科大附が圧倒的な強さをみせて無敗のまま大会を制した。そして迎える今大会はプレミアリーグWESTから降格となった大分トリニータU-18(大分) 、前回大会優勝で全国高校選手権優秀選手のエースFW安藤瑞季を擁する長崎総科大附や昇格組のサガン鳥栖U-18とV・ファーレン長崎ユースもプリンスリーグ九州の舞台に立つ。果たして今大会を制するのはどのチームとなるのか。参加10チームは以下の通り。

▽参加チーム
大分トリニータU-18(大分:降格)
長崎総科大附(長崎:1位)
神村学園(鹿児島:3位)
九州国際大付(福岡:4位)
ロアッソ熊本ユース(熊本:5位)
鵬翔(宮崎:6位)
日章学園(宮崎:7位)
鹿児島城西(鹿児島:8位)
サガン鳥栖U-18(佐賀:昇格)
V・ファーレン長崎ユース(長崎:昇格)
※()内は前年度順位