写真:安田拡斗(履正社)

 高校サッカードットコムでは全国津々浦々、強豪校の2015年シーズンを振り返る!今回は履正社(大阪)をピックアップ。

【 履正社(大阪)・11年ぶりのインターハイで最高成績更新! 】

 2015年シーズンはプレミアリーグに初参戦。結果としては得失点差で9位となったが、ハイレベルの中で試合をしてきた経験と自信がインターハイの結果に繋がった。

 インターハイ大阪予選では4戦13発とその攻撃力を見せつけた。決勝リーグ第2戦、大阪桐蔭との試合は敗れたものの、その教訓を生かしすぐに修正。つづく桃山学院戦では守備を安定させ、攻撃の幅を広げるなどその修正能力の高さで第2代表の切符を掴んだ。

 そして全国の舞台ではさらに躍動。1回戦では明秀学園日立から4得点、3回戦の星稜戦では3得点と得点を重ねた。準々決勝では同じくプレミアリーグWESTに所属し、全国総体2連覇に臨む東福岡と対戦。試合の流れを掴んではいたものの、攻めきれず0-1で準々決勝敗退となったが、これまでの最高成績を上回る8強入りとなった。

 しかし、その後の選手権大会では大阪府予選3連覇を狙い臨んだものの、まさかの予選準々決勝で敗退。2013、2014年と2年連続で全国8強に登り詰めた王者は、その舞台に上がることも出来ないまま彼らの選手権が終わった。

▽2015年主なシーズン戦績
リーグ戦:プレミアリーグWEST9位
総体:全国大会8強
選手権:大阪予選準々決勝敗退

写真:牧野寛太(履正社)

▽2015年ピックアッププレーヤー
【MF牧野寛太】
選手権への出場がないながらも日本高校サッカー選抜に選出。また、15年全国高校総体優秀選手にも選出され、得点王にも輝いている。

▽チーム別データはこちら
履正社