北信越地区からは富山第一(富山)や選手権4年連続全国4強で18年連続出場を狙った王者・星稜(石川)撃破の鵬学園らが全国への切符を獲得し、今冬の全国高校サッカー選手権大会に出場する。

 新潟からはプリンスリーグ北信越勢対決となった決勝で新潟明訓を4-0で圧倒した帝京長岡今夏の全国総体に続き全国の舞台に立つ。長野予選は3連覇を目指す東京都市大塩尻と4年ぶりの優勝を狙う創造学園が決勝で対戦し、創造学園が4-1で勝利し全国大会への切符を掴んだ。注目の初戦は広島皆実(広島)と対戦する。

 富山大会は昨年度の選手権全国8強で連覇を狙う富山第一が窪喜啓太の2得点によって2年ぶりの王座奪還を狙う水橋を2-0で下し2年連続27回目の全国大会出場を決めた。また、石川では17連続で選手権に出場していた星稜が全国を逃す波乱。星稜を下し全国への扉を開いた鵬学園は初戦で佐賀東(佐賀)と対戦する。さらに福井予選では北陸が5年ぶりに制覇し全国選手権に臨む。

▽北信越
新潟帝京長岡(3年ぶり5回目)
長野創造学園(4年ぶり2回目)
富山富山第一(2年連続27回目)
石川鵬学園(初出場)
福井北陸(5年ぶり4回目)

▽第95回全国高校サッカー選手権
第95回全国高校サッカー選手権日程結果一覧