2年連続で16強の星稜

 高校生の真夏の祭典、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)が7月29日に開幕を迎える。東海・北信越からは星稜(石川)、中京大中京(愛知)、富山第一(富山)といった全国常連校や初出場組の日本文理名経大高蔵らが全国の舞台に登場する。

 昨年度は18年連続での選手権出場を逃し、1年ぶりとなる全国大会に臨む星稜は香川西(香川)との初戦。各県の総体予選上位校が出場する北信越大会も制した星稜が悲願の全国総体初優勝を狙う。4年ぶりとなる全国総体出場を決めた富山第一日章学園(宮崎)と対戦する。また、湘南ベルマーレ内定のFW新井光擁する市立長野(長野)は鹿島学園(茨城)との1回戦で、まずは全国総体初勝利を狙いたい。2年連続出場となる静岡学園(静岡)は2回戦からの登場となり、星稜対香川西との勝者と対戦する。

【次のページ】 静岡学園、中京大中京らも出場

▽2017年高校サッカーインターハイ特設サイト
2017年高校サッカーインターハイ特設サイト