優勝を果たしたアルビレックス新潟に来季加入内定のDF渡邊泰基、ガンバ大阪加入内定のCB松田陸擁する前橋育英(群馬)を含め関東勢3校が第96回全国高校サッカー選手権で4強入りを果たした。

 決勝の舞台に立ったのは前回大会準優勝の前橋育英と全国総体優勝校の流通経済大柏(千葉)。前橋育英は後半アディショナルタイムに無失点のまま決勝まで駒を進めた流通経済大柏の堅守を崩し決勝点を決め、初の全国制覇を果たした。そして、前橋育英と流通経済大柏と共に4強入りを果たした矢板中央(栃木)。矢板中央は準決勝で流通経済大柏に敗れるも2009年度以来、過去最高記録に並ぶ成績を収め全国を去った。茨城予選を無失点で制覇した明秀学園日立星稜(石川)、大阪桐蔭(大阪)など強豪校を下し見事に県勢9年ぶりの8強入りを果たした。

【次のページ】 県内5冠昌平は今季初の完封負け

▽第96回全国高校サッカー選手権
第96回全国高校サッカー選手権日程結果一覧