青森山田高校サッカー部、黒田剛監督インタビュー。後編は、青森山田の更なる強さの秘密や黒田監督の指導論、そして夢を伺っています。青森山田魂の根底を支えるものとは?

――黒田監督が就任された当初、グラウンドは今の半分で、部員が18人というお話でした。

 学校としても、これからサッカーを強くしたい、という感じでした。青森大学の事務局からコーチに就任したんだけど「お前に何が出来るんだ?」という目で見られていました。その後監督に就任して1年目に、たまたま選手権に出た。でも、次の平成8年度に光星学院に負けた。25歳の時でしたね。悔しさで朝まで泣いた。でもその後は勝ち続けている。この時の負けの悔しさが、今の青森山田を作ったのかもしれないですね。

厳しくも温かく選手を見極め、コントロールしていく

――勝ち続けるために、どういうことを選手達に教えるんでしょうか。

 いざ試合という時に「こいつらには絶対負けないぞ」という精神的な優位さを持って戦うということですね。1日のうち2,3時間はピッチにいますけど、それ以外の21時間をいかにコントロールするか、選手を負けたくない気持ちにするか。それが指導者の腕の見せ所なんです。絶対に負けたくないという気持ちをかきたたせるんです。

――なるほど。でもコントロールしにくい、ひねくれた選手なんかもいるんじゃないでしょうか。

 昔はぽつぽついましたけど、今はあまりいませんね。選手達みんなが許さない空気ですから。このチームでは、そういう奴はチームの輪に入れない。いつの間にか、1年も経てばしっかりとしたチームのレールに乗っていくんです。先輩たちが作り上げた伝統というものがありますからね。

――サッカーで強くなりたい人にはもってこいですね。

 もってこいです。青森という土地を避けている人間もいるけど、そういった土地を受け入れられるか、ですね。

――そういった環境的な事を受け入れてくるから、モチベーションも高いのかもしれません。

 雪はどうしてもマイナスに捉えられがちですけど、雪をいかにパワーにするか、トレーニングの材料にするのかですね。雪とはポジティブに上手く付き合っていく。365日のチーム作りで選手権の時期に完成させるのだとすると、雪の時期は下積み。フィジカル強化です。春一気にベクトルの角度を変えてチームを作り、総体の時期に彼らを追い抜いていればいいんでしょ?という考え方です。

――下積みで土台を大きくしておく、と。

 サッカーに限ったことでは無いけれど、全てでアベレージを超えるような土台作りは大事ですよね。

【次のページ】 青森山田高校 黒田剛監督【後編】(2)