日大三が大勝

伊澤がハット!日大三が11-0で勝利

 8月16日、第96回全国高校サッカー選手権東京予選の1次予選1回戦「日大三対都立白鴎」が行われた。

 立ち上がりから日大三が押し込む。オフサイドの判定などに泣かされたが、均衡が破れたのは前半14分の日大三。14番溝口泰地が中央をドリブル。パスも見せながらゆっくり運び、ディフェンスの寄せが甘くなるとすかさずミドルシュート。左上に突き刺さり先制ゴールに成功。その後も試合を押し気味で進める日大第三は同24分。再び14番溝口泰地がヘディングで決めてリードを2点に広げる。さらに同27分、日大三は7番堀駿仁がシュートを突き刺し3-0とすると、直後の37分には再び7番堀駿仁がミドルシュートを決め加点。前半は4-0で日大三リードで終える。

【次のページ】 後半も攻撃の手を緩めない日大三