集中力を発揮した東海大菅生が調布南を撃破

 10月28日、第96回全国高校サッカー選手権東京予選の2次予選Aブロック準々決勝、都立調布南対東海大学菅生が行われ、東海大学菅生が4-1で勝利し西が丘への切符を手にした。

 都立調布南はGKに苅部竜也、DFラインは2番斎野光、3番山本哲平、4番柳澤幹太、5番高橋和也、MFは6番佐藤宏亮、7番金子晃、8番松村晃希、FWは9番小渕絵斗、10番田窪璃久、11番宮嶋怜の布陣。対する東海大菅生はGK橋本颯、DFラインは2番鈴木雄斗、3番船木未来哉、4番湯江俊太、5番保土田勝太、MFは6番近藤想平、7番鈴木大智、8番吉田雄登、10番杉浦夢翔、FWは9番青木紘貴、11番鈴木亮太郎の布陣で臨む。

【次のページ】 試合のペースを先に握ったのは