上田西、長野県勢初の4強 明秀日立を3-2で下す

 明秀学園日立はGKはGK藤田陽輔、DFに2番深見凛、5番土田大樹、19番DF高崎修也、25番飯塚翼、MFは6番成島茉宏、10番伊里隼人、11番二瓶優大、18番及川央泰、FWは13番作山雅紀、27番荒井慧伊大。

 上田西はGK小山智仁、DFに2番大久保龍成、3番田辺岳大、19番岡崎竜斗、MFは5番石嶺竣大、6番宮下廉、7番丸山圭太、29番篠原希一、FWは9番新田太一、10番根本凌、14番上原賢太郎を配置して臨んだ。

 先に、チャンスを作ったのは上田西、前半3分に混戦からボールを得た9番新田がボレーシュートを放つ。しかし、これは枠を捉えることが出来ない。対する明秀日立は前半12分、コーナーキックから最初のチャンスを迎える。このコーナーが一瞬の隙を突き、ファーサイドで待ち受ける10番伊里がしっかり押し込み、1-0とする。

【次のページ】 しかし、このゴールが上田西に火をつける