北海道・東北地区からは、高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグEAST所属の青森山田(青森)やプリンスリーグ北海道所属の札幌大谷プリンスリーグ東北勢の尚志(福島)、盛岡商(岩手)、仙台育英(宮城)らが平成30年度全国高校サッカーインターハイ(総体)に臨んだ。

 県予選決勝では全5試合72得点無失点の圧倒的な強さで青森を制し19年連続での全国総体出場を決めた青森山田。2005年度以来の全国総体制覇を目指した優勝候補筆頭の青森の絶対王者は初戦を突破したものの2回戦(試合レポート)で0-2から昌平(埼玉1)に逆転負けを喫し早期敗退の憂き目にあった。

【次のページ】 北海道代表は札幌大谷と北海

▽平成30年度全国高校サッカーインターハイ(総体)
平成30年度全国高校サッカーインターハイ(総体)日程結果一覧