12月30日から首都圏で開催される第97回全国高校サッカー選手権。関東からは前回大会王者の前橋育英(群馬)や同準優勝の流通経済大柏(千葉)など強豪校が出場する。

 茨城大会は昨年度全国8強の明秀学園日立(茨城)が鹿島学園(茨城)を下し連覇達成。全国初戦では大阪学院大高(大阪)と戦う。栃木予選では2017年度全国高校サッカー選手権4強で今夏の全国総体にも出場したプリンスリーグ関東優勝の矢板中央が制し、全国でプリンスリーグ九州所属の日章学園(宮崎)と初戦で激突する。大会連覇を狙うプリンスリーグ関東所属の前橋育英は宇和島東(愛媛)と初戦で顔を合わせる。埼玉予選は優勝候補だった2018年度全国総体3位の昌平(埼玉)を浦和南(埼玉)が撃破し17年ぶりとなる全国大会出場を決めた。そして、全国の舞台では今夏の全国総体で敗れた東福岡(福岡)と再びぶつかる。

【次のページ】 強豪校続々

▽第97回全国高校サッカー選手権
第97回全国高校サッカー選手権日程結果一覧