森龍主将

 大会連覇を狙った2017年度全国選手権16強でプリンスリーグ東海所属の帝京可児2018年度全国総体岐阜予選準優勝の各務原などを撃破した伝統校の岐阜工は、全国をかけた決勝でも総体予選優勝の中京をMF羽鳥大貴とFW森龍のゴールにより2-1で下し4年ぶり26回目となる全国大会出場を決めた。

 

 抽選会に出席したFW森龍主将は「先輩方はいっぱい出ているんですけど、僕らの代は出たことがないので目標は持たずに一つずつ勝てるように頑張りたいです」と謙虚に語った。また、初戦で激突するプリンスリーグ中国所属で今夏の全国総体16強の立正大淞南(島根)については「強豪校に当たってしまったなとは思います」とコメントした。

 

【次のページ】 チームデータ

▽第97回全国高校サッカー選手権
第97回全国高校サッカー選手権日程結果一覧