3月15日に第16回サニックス杯国際ユースサッカー大会2018がいよいよ開幕を迎える。福岡県のグローバルアリーナで行われる同大会には海外4チームのほかに高体連からは前回大会覇者の市立船橋(千葉)や青森山田(青森)、東福岡(福岡)などの強豪校が出場。Jユース勢からはFC東京U-18(東京)やヴィッセル神戸U-18(兵庫)などが参戦する。なお、大会は17日に閉幕する。

▽1次リーグ
Aパート:マレーシア代表(マレーシア)、前橋育英(群馬)、FC東京U-18(東京)、大津(熊本)
Bパート:FCイジョレツインコンユース(ロシア)、市立船橋(千葉)、アビスパ福岡U-18(福岡)、日章学園(宮崎)
Cパート:光州FCユース(韓国)、青森山田(青森)、ヴィッセル神戸U-18(兵庫)、東福岡(福岡)
Dパート:清水高(台湾)、流通経済大柏(千葉)、サガン鳥栖U-18(佐賀)、東海大福岡(福岡)