3月17日、第16回サニックス杯国際ユースサッカー大会2018の決勝トーナメント(サニックス杯)が行われた。
 決勝トーナメント進出を決めた今年度のチャンピオンシップ覇者のFC東京U-18(東京)や、惜しくもチャンピオンシップでFC東京U-18に敗れたヴィッセル神戸U-18(兵庫)、今年度の全国選手権準優勝校の流通経済大柏(千葉)、高体連勢の強豪校でプレミア勢の青森山田(青森)、大津(熊本)、アビスパ福岡U-18(福岡)、日章学園(宮崎)、サガン鳥栖U-18(佐賀)が準決勝進出をかけて戦った。
 ヴィッセル神戸U-18はFC東京U-18に2-1で勝利。青森山田は日章学園に2-1で、アビスパ福岡U-18は流通経済大附柏に1-0で勝利した。さらに、サガン鳥栖U-18は大津を後半の3点で撃破した。