2019年度のWEST覇者の名古屋U-18(写真=矢島公彦)

 高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグ2020 WESTが4月4日に開幕を迎える。

 10チームが出場する高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグ2020 WESTはホーム&アウェイ方式の総当たり戦(18試合)を実施する。優勝チームは、ファイナル出場権を獲得。 また、下位2チームは、次年度のプリンスリーグへ自動降格する。

 2020シーズンは2019シーズンのWEST覇者の名古屋グランパスU18(愛知)や同2位の京都サンガF.C. U-18(京都)、高体連勢の大津(熊本)と東福岡(福岡)、昇格を果たしたサガン鳥栖U-18(佐賀)などがWEST優勝をかけて鎬を削る。2020シーズンのWEST編成は以下の通り。

▽出場チーム※()内は前回大会順位
名古屋グランパスU18(愛知 / 1位)
京都サンガF.C. U-18(京都 / 2位)
ガンバ大阪ユース(大阪 / 3位)
大津(熊本 / 4位)
サンフレッチェ広島F.Cユース(広島 / 5位)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫 / 6位)
セレッソ大阪U-18(大阪 / 7位)
東福岡(福岡 / 8位)
ジュビロ磐田U-18(静岡 / ※EAST8位)
サガン鳥栖U-18(佐賀 / 昇格)