昨年高体連最高の3位、九州国際大付

 全国を北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州の9地区に分けて行う高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020が4月に開幕を迎える。

 10チームが出場する高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2020九州はホーム&アウェイ方式の総当たり2回戦(各チーム18試合)を実施する。優勝チームは、プレミアリーグ昇格を掛けたプレーオフ出場権を獲得。 また、下位2チームは、次年度県リーグへ自動降格する。

 2020シーズンはプレミアWESTから降格したアビスパ福岡 U-18(福岡)、九州国際大付(福岡)と第98回全国高校サッカー選手権大会出場の筑陽学園(福岡)など福岡県から3チーム、高体連勢からは日章学園(宮崎)と神村学園(鹿児島)に加え、昇格を果たした国見(長崎)などが鎬を削る。2020シーズン編成は以下の通り。

▽出場チーム※()内は前回大会順位
アビスパ福岡 U-18(福岡 / 降格)
大分トリニータU-18(大分 / 2位)
九州国際大付(福岡 / 3位)
日章学園(宮崎 / 4位)
神村学園(鹿児島 / 5位)
ロアッソ熊本ユース(熊本 / 6位)
V・ファーレン長崎U-18(長崎 / 7位)
筑陽学園(福岡 / 8位)
サガン鳥栖U-18 2nd(佐賀 / 昇格)
国見(長崎 / 昇格)