高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグのWESTは2020シーズンも10チームが参戦し熱戦を展開する。

 2020シーズンは2019シーズンのWEST覇者の名古屋グランパスU18(愛知)や同2位の京都サンガF.C. U-18(京都)、高体連勢の大津(熊本)と東福岡(福岡)、昇格を果たしたサガン鳥栖U-18(佐賀)などがWEST優勝をかけて鎬を削る。

 2019シーズンは石井稜真(アビスパ福岡 U-18)が得点王を獲得。今年も優勝争いと共に得点王争いにも注目だ。現行のレギュレーションとなった2011年以降の得点王は以下の通り。

▽得点王
2011年度:三根和起(京都サンガF.C. U-18)
2012年度:松村亮(ヴィッセル神戸U-18)
2013年度:米澤令衣(ヴィッセル神戸U-18)
2014年度:米澤令衣(ヴィッセル神戸U-18)
2015年度:加藤陸次樹(サンフレッチェ広島ユース)
2016年度:山根永遠(サンフレッチェ広島ユース)、藤山雄生(大津)
2017年度:満田誠(サンフレッチェ広島ユース)、明比友宏(サンフレッチェ広島ユース)
2018年度:服部航平(京都サンガF.C. U-18)、原田烈志(ガンバ大阪ユース)
2019年度:石井稜真(アビスパ福岡 U-18)