7月31日、第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)の準々決勝が行われ4強が決まった。準決勝は8月2日に行われる。

 京都サンガF.C.U-18対鹿島アントラーズユースの一戦は、FW 菊池快の2発により2-1で京都サンガF.C.U-18を退けた。北海道コンサドーレ札幌U-18は前半にMF砂田匠とMF佐藤陽成のゴールで2点を先取すると80分に1点を返されるも逃げ切り4強進出を決めた。浦和レッドダイヤモンズユースFC東京U-18の一戦は、PK戦の末に浦和レッドダイヤモンズユースが勝った。サンフレッチェ広島F.Cユース名古屋グランパスU18の試合は、後半に追いついた名古屋グランパスU-18がPK戦の末に勝利し4強進出を決めた。

【準々決勝試合結果】
京都サンガF.C.U-18 1-2 鹿島アントラーズユース
清水エスパルスユース 1-2 北海道コンサドーレ札幌U-18
浦和レッドダイヤモンズユース 1-1(PK:3-1) FC東京U-18
サンフレッチェ広島F.Cユース 1-1(PK:1-4) 名古屋グランパスU-18

▽第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)
第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)