第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)の準決勝2試合が8月2日に正田醤油スタジアム群馬で行われた。決勝は同スタジアムで4日に行われる。

 鹿島アントラーズユースと北海道コンサドーレ札幌U-18の一戦は76分のオウンゴールにより1点を奪った北海道コンサドーレ札幌U-18が1-0で勝利し決勝進出を決めた。50分に退場者を出し10人での戦いを余儀なくされ鹿島アントラーズユースは無念の準決勝敗退となった。名古屋グランパスU18浦和レッドダイヤモンズユースのプレミア勢対決はFW真鍋隼虎のこの日2得点目となる決勝ゴールにより延長戦の末に2-1で勝利した名古屋グランパスU-18が優勝に王手をかけた。

【準決勝試合結果】
鹿島アントラーズユース 0-1 北海道コンサドーレ札幌U-18
浦和レッドダイヤモンズユース 1-2 名古屋グランパスU-18

▽第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)
第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)