修徳、追いすがる専修大附を振り切る

 5月11日、令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)東京予選1次トーナメント1回戦が駒沢補助競技場で行われた。駒沢補助競技場で行われた第3試合では修徳専修大附を3-2で下しブロック決勝へと駒を進めた。

 修徳は1-0で前半を折り返すと、41分と53分にも追加点を奪取しリードを3点に広げる。修徳はその後2点を返されるも追いすがる専修大附を振り切り3-2で勝利した。一方、後半に鳥飼と柳山が決め2点を奪って粘りをみせた専修大附だったが、あと一歩及ばなかった。

(写真=アントニオ・シマダ)