MF原田悠宇がゴールを決め喜ぶ北野イレブン(写真=会田健司)

 ゲーム後、勝利した北野の中畠一明監督は「生徒たちが良く頑張ってくれました。日頃から自分たちで練習メニューも考えてやっているので、それがいい結果に結びついて凄くホッとしています。シンプルに"みんなで戦ってみんなで守る"ということでやっていました」とコメント。

 決勝ゴールを決めたMF原田は「僕は中盤なのであまり上がらないんですけど、左サイドが上がってくれていて中にスペースがあったので、走り込んだらいいボールが来たのでトラップして打つだけでした」とゴールシーンを振り返った。

 その原田が「負けてしまったら2年生が引退してしまうかもしれなかったので、後輩として頑張りました」というように大阪府内でも屈指の進学校でもある北野は、この段階で2年生が引退を考えるほど勉強との両立もかなりハードだ。

 しかし「サッカーをするときはサッカーの事だけを考え、勉強するときは勉強の事だけを考える。割り切ってやるように日頃から伝えています。色々忙しい中で上手にやってくれています」と中畠監督が言うように、サッカーに対しても真剣そのもの。

 「優勝を目指します!」と指揮官が言えば、FW嘉陽田も「優勝を目指してるので1個でも多く勝てるように頑張ります!」と今大会への意気込みも強い。

 決勝T1回戦を突破した北野は2回戦で東住吉と対戦する。

(文・写真=会田健司)