プレーヤーから監督へ転身し、全国を目指して奮闘する埼玉県の本庄第一の金古聖司監督。先日行われた夏の全国総体をかけたインターハイ埼玉県大会では初戦を突破し、6月11日に山村国際高校との2回戦を迎えます。後編ではチーム作りなどに関してお聞きしました。

本庄第一金古聖司監督

 ――本庄第一はどんな選手が多いですか?

 今時の素直で、いい子が多いですよ。いい選手や面白い選手、意識が高い選手はいますが、いい意味でちょっと悪い子がいないですね。みんなおとなしくて真面目でいい子達が多い気がします。オラオラな子はいないですね。

――現在のチームでの目標を聞かせてください。

 僕の方からは選手達には「全国に行こう」と言っているんです。ただ、まだ全国に出た経験がないので、選手達には現実味がない感じですね。

――どんなチームに仕上げていきたいですか?

 攻撃的なサッカーがしたいと思っています。ポゼッションと言うよりは、早くゴールまで行きたいですね。縦に早く、個が強くというのを目指しています。ただ、その点に関してはこれから努力をしていかなければいけないなと思っています。パスだけじゃ崩せないですよ。パスをしている間にDFが戻ってきちゃいますからね。だったら、早く攻撃をしたいんですよ。ボランチから長いのも短いのも蹴るし。ただウラじゃ抜けないですから、クッション入れてから広げて欲しいなと。

――クッション入れるとかはセンスがいりますから、高校生にはなかなか難しいかもしれませんね

 でも、細かいパスは上手いですよ。今までは、こねてこねてだったんですよ。かわしてから局面を変えようと。それも良いと思うんですけど、ワンタッチ、ツータッチで判断早くやっていきたいなと思っています。攻撃的なサッカーをみにつけて全国を狙っていきたいと思います。

本庄第一監督、コーチの皆さん

――監督、いろいろなお話しありがとうございます。最後に一言お願いします。

とにかく本庄第一の選手たちには「考える」サッカーを浸透させたい。大山コーチをはじめスタッフも充実してるので「全国出場」を目指していきます。

――新生・本庄第一に期待ですね。監督有難うございました!