FW加藤 潤也選手 ©GAINARE TOTTORI

 昨年、J2ジェフユナイテッド市原・千葉に入団したGK大野 哲煥に続く、城西国際大サッカー部出身、初の「フィールドプレーヤーJリーガー」誕生!今季J3・ガイナーレ鳥取に入団したFW加藤 潤也(米子北高卒)が、自らをプロ入りできるまでに育ててくれた城西国際大の4年間を振り返る。

「自分たちで考え」「試合に出る」日々で得られた成長

――米子北高校出身の加藤 潤也選手。まずは千葉県東金市の城西国際大学へ進学するきっかけを教えてください。
 1つ上の先輩が城西国際大に進んでいたこと。それと、オープンキャンパスに参加したときに、1学年上の先輩がほとんどだったので、入学してすぐ試合に出る機会があると思って進学を決めました。

――入学後の実際はどうでしたか?学業の方から聞きましょう。
 僕は経営情報学部総合経営学科にいたのですが、そこでスポーツマネジメントなどを学びました。そこで一番大きかったのは栄養管理について勉強できたこと。高校時代までは量を食べればいいと思っていけど、大学で知識が入ったことで、バランスの良い食事を、適切なタイミングで摂取できるようになりました。その結果、自分のパフォーマンスが向上したことも、プロ入りを果たせた一因になったと思います。

――サッカー部の方はいかがでしたか?
 すぐに公式戦へ出場することができる中で、試合経験を積めたことがまずよかったです。当時は上級生も少ないので選手が自分たちで考えなければいけない部分も多かったし、もちろん最低限の上下関係はありますが、みんながピッチ内ではいい競争相手として、プレーすることができました。 また、城西国際大はクラブハウスの中に充実したトレーニングルームがあるので、朝、筋力トレーニングをしてから、授業を受けることもできるんです。「ホグレル」などの最新式トレーニング器具もありました。

――出身は広島県なので寮生活だったと思いますが、そちらの方は?
 朝食と夕食は寮の食堂でバランスの良い食事を摂ることができます。そして何よりも遊ぶ場所がない。自分も4年間、寮と学校とサッカー部、たまにスーパーといった生活で、サッカーに打ち込めました。サッカーの話を寮内でいろいろできたこともよかったですね。

――ちなみに3年生のときに加藤選手は少し大きなけがをして、以後もしばらく試合に絡めなくなった時期があったそうですが…。
 ただ、城西国際大サッカー部ではトレーナーが複数常駐しているので、回復も早かったですし、試合に出れない時期もトレーナーとかと話をすることで自分を見つめ直せた。それがあったことで3年後期から試合に再び出られるようになれたと感じています。

【次のページ】 J3ガイナーレ鳥取への入団