プレーオフで関東学園大を2−1で退ける アミノバイタルカップ進出へ

城西国際大、アミノバイタルカップ進出へ

 関東リーグに所属するチームと対戦し、自分たちの立ち位置を図りレベルアップに繋げることのできる機会である総理大臣杯予選・アミノバイタルカップ。城西国際大学はプレーオフで関東学園大を2−1で退けてその場への出場権を手にした。
しかし、どこかスッキリしない勝ち方であったのも事実である。試合終了後の選手たちの表情からは、アミノバイタルカップ進出を決めた喜びというよりも、ギリギリの状況で手にした勝利からきた安堵感が勝っていた。

序盤から攻勢を仕掛けたのは城西国際大。ボールポゼッションで相手を圧倒すると、厚みのある攻撃でチャンスを作る。最前線でユニットを組んだ平野皓巴、武者史也、城臺映伍が相手のボックス付近に入りこみ、ゴールを脅かす。

【次のページ】 まずは7分には左サイドから平野皓巴が抜け出してシュート