前回大会決勝、山梨学院高等学校vs桐光学園

 夏の高校日本一を懸けた令和元年度(平成31年度)全国高校サッカーインターハイ(総体)が7月26日に開幕する。各都道府県の代表校52校が沖縄県内の各会場で頂点を目指してしのぎを削る。

 前回大会王者の山梨学院高等学校(山梨)は山梨県予選準決勝で韮崎(山梨)に敗れ全国への道を閉ざされた。その一方で、前回大会準優勝の桐光学園(神奈川1)や昨冬の選手権優勝校の青森山田(青森)、2014、2015年大会を連覇した東福岡(福岡)などは今年も全国の舞台にやってくる。

 2007年以降は関東・九州勢が優勝を飾っている本大会。正式種目となった1966年の青森大会から55回目を数える今大会で夏の高校日本一の称号を手にするのはどの高校となるのか。熱戦の開幕まであと僅かだ。歴代優勝校は以下の通り。

▽全国高校総体サッカー競技歴代優勝校【男子】
2018年:山梨学院高等学校(山梨)
2017年:流通経済大柏(千葉)
2016年:市立船橋(千葉)
2015年:東福岡(福岡)
2014年:東福岡(福岡)
2013年:市立船橋(千葉)
2012年:三浦学苑(神奈川)
2011年:桐蔭学園(神奈川)
2010年:市立船橋(千葉)
2009年:前橋育英(群馬)
2008年:流通経済大柏(千葉)・市立船橋(千葉)
2007年:市立船橋(千葉)
2006年:広島観音(広島)
2005年:青森山田(青森)
2004年:国見(長崎)
2003年:国見(長崎)
2002年:帝京(東京)
2001年:市立船橋(千葉)
2000年:国見(長崎)
1999年:八千代(千葉)・広島皆実(広島)
1998年:市立船橋(千葉)
1997年:東福岡(福岡)
1996年:清水市立商(静岡)
1995年:習志野(千葉)
1994年:清水市立商
1993年:国見(長崎)
1992年:徳島市立(徳島)
1991年:清水東(静岡)
1990年:清水市立商(静岡)
1989年:清水市立商(静岡)
1988年:市立船橋(千葉)
1987年:市立船橋(千葉)
1986年:国見(長崎)
1985年:九州学院(熊本)
1984年:四日市中央工(三重)
1983年:四日市中央工(三重)
1982年:帝京(東京)
1981年:清水東(静岡)
1980年:清水東(静岡)
1979年:水戸商(茨城)
1978年:北陽(大阪)
1977年:島原商(長崎)
1976年:帝京(東京)
1975年:韮崎(山梨)
1974年:浜名(静岡)
1973年:児玉(埼玉)
1972年:清水東(静岡)
1971年:藤枝東(静岡)
1970年:浜名(静岡)
1969年:浦和南(埼玉)
1968年:秋田商(秋田)
1967年:浦和市立(埼玉)
1966年:藤枝東(静岡)

▽令和元年度(平成31年度)全国高校サッカーインターハイ(総体)
令和元年度(平成31年度)全国高校サッカーインターハイ(総体)