尚志イレブン

 北海道・東北地区の代表校では、高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグ2019 EAST所属の尚志(福島)が膝の故障で鹿島内定のFW染野唯月が万全ではない中、準決勝で富山第一(富山)に敗れるも4強入りを決めた。その一方で最激戦区に入った優勝候補筆頭だった青森山田(青森)は、初戦で全国常連の前橋育英(群馬)を撃破。2回戦でもプレミア勢の大津(熊本)を下し、強豪を2連破し3回戦を迎えるも北越(新潟)にPK戦の末に敗れ8強入れを逃した。

 北海道代表の2校、札幌第一北海はそれぞれ矢板中央帝京可児に敗れ初戦敗退となった。初出場の専大北上(岩手)は、初戦で大社(島根)に3-2で勝利し全国初勝利を挙げるも、3回戦では近畿大会覇者の強豪・京都橘(京都)を苦しめるもPK戦の末に敗れ2回戦敗退となった。

【次のページ】 秋田商は阪南大高に完封負け

▽令和元年度(平成31年度)全国高校サッカーインターハイ(総体)
令和元年度(平成31年度)全国高校サッカーインターハイ(総体)日程結果一覧