FW関口順也主将(明秀学園日立)

 第98回全国高校サッカー選手権茨城予選の決勝トーナメント決勝では明秀学園日立が1-0で鹿島学園を下し全国切符を手にした。

 関東大会予選、総体予選覇者の水戸商を撃破した新人戦覇者の鹿島学園とPK戦の末に古河一を下した3連覇を狙う明秀学園日立が全国をかけて激突。試合は77分に途中出場の1年生FW根本琳生が決勝ゴールを決め、1-0で明秀学園日立が鹿島学園を下し3連覇を達成した。

 明秀学園日立を率いる萬場監督は「前々回大会のベスト8の時より力は落ちるが、みんなが頑張るチームに仕上がった。10番大山晟那の奮闘に期待したい」とコメント。FW関口順也主将は「自分達のスローガン【挑戦】を胸に一戦一戦闘いたい」と意気込んだ。2年前の8強越えをまずは狙う明秀日立は12月31日に高知(高知)との初戦を迎える。

【次のページ】 チームデータ

▽第98回全国高校サッカー選手権茨城予選
第98回全国高校サッカー選手権茨城予選