古河一、17年ぶり13回目の頂点!水戸商をPK戦の末に下す

古河一集合写真(写真=矢島公彦)

 令和5年度茨城新人戦(新人選手権大会)の決勝が2月1日にト伝ノ郷運動公園で開催され、古河一水戸商をPK戦の末に下し17年ぶりの優勝を果たした。

【フォトギャラリー】水戸商 vs 古河一

 準決勝終了から約2時間後にキックオフされた決勝戦は、水戸商は先発を5名、古河一は8名入れ替えて試合に臨んだ。

 前半13分、水戸商がMF2萩谷諒真(2年)のロングスローからの混戦をDF3山縣修人(2年)が押し込み先制に成功する。その後も攻め立てる水戸商は14分にMF17大高紘希のクロスからDF16中村エマニュエルジェフ(2年)がシュートを放つもGK正面へ。15分にはハーフライン付近のFKが直接ポストに当たり、跳ね返りを山縣が詰めるもこれもポストに直撃。古河一は前線のFW15小池陽太(2年)がボールをキープし攻撃に出るも崩せない。37分、水戸商はFW12新堀温人(2年)の左からのクロスをMF18石井良生久(2年)がボレーで狙うがミートせず。

【次のページ】 決勝 水戸商 vs 古河一(2)

▽令和5年度茨城新人戦(新人選手権大会)
令和5年度茨城新人戦(新人選手権大会)