下田友也(しもだ ともや) 北海道教育大学岩見沢校4年生FW(写真=REIBOLA)

 鹿島アントラーズやセレッソ大阪で活躍した石神直哉氏(FC TIAMO枚方)が編集長を務めるREIBOLA(レイボーラ)より、Jスカウトも注目する次世代型選手名鑑REIBOLA EYEに登録されている選手の中から、注目選手をピックアップ!(協力=REIBOLA)

下田友也(しもだ ともや) 北海道教育大学岩見沢校4年生FW 前所属: コンサドーレ札幌U-18

 180cm/75kg、ポストプレーや背後への飛び出しなど万能型FWで、シュート力や野性的なプレーが魅力。北海道学生リーグで得点王、ベスト11と結果も自信もつけた。子供の頃札幌ドームで観た、憧れのプロの世界を目指す。北海道教育大学岩見沢校4年、下田友也。

 北海道苫小牧市出身。4歳上の兄の影響で幼稚園からFCユーベルでサッカーを始める。小学生の時に札幌ドームへ、コンサドーレ札幌や日本代表の試合を見に行き、たくさんの観客の中でプレーするサッカー選手に憧れ、それが自身の夢となる。
 高校はプロを意識して、コンサドーレ札幌U-18の練習会に4回参加し入団を勝ち取る。ユースに入団して1年の夏くらいから試合にも絡めるようになり、1年、2年と自分らしい野性的なプレーを確立し3年では10番を任せられトップチームの練習にも参加する。しかし、10番のプレッシャーやチームに気を使い過ぎたりと、周りから「プレーがキレイになったね。」と言われるくらい下田の野生的なプレーは身を潜め、自分でも納得いくプレーが出来なかった。

 「今の自分ではプロの世界は無理だ。」もっと自分を成長させたいと大学進学を考える。いろいろな選択肢を考えたが、とにかく試合に出て成長したかったことと、自分の産まれた北海道で結果を出したい気持ちもあり、北海道教育大学岩見沢校に進学する。大学に入学してからは1年生から試合に出場し北海道リーグでゴール、アシストを量産し、得点王やベスト11を受賞するなど結果も出し、今年はコンサドーレ札幌の練習参加に招集されるなど、プロの世界にチャレンジしたい気持ちと、プレーの自信もついた。
 大学最後の年、ゴールという結果でチームをインカレへ、そして、自身の夢のためにも野生的なプレーで活躍を誓う。

(text by Hideo Tanaka)